気泡管について

この質問の回答

弊社レーザー墨出し器は「ジンバル式(振り子式)」を採用しております。

本体を回転せて円形気泡管の赤枠円形部分内に泡が収まっていれば、
±3°までは自動で補正を行なっております。
(レーザーが点滅するまでは、自動補正範囲内です。)

本体を回転させた際に円形気泡管の赤枠円形部分に泡が触れてしまう場合は、
本体の脚の調整リング(下記の赤枠部分)を回して赤枠円形部分内に泡が収まるように調整を行なってください。